京都宮川町のお茶屋 しげ森・バー もり多と、しげ森の舞妓・芸妓のご紹介

お茶屋ブログ

2014年11月04日

お店出しおおきに







黒紋付のお店出しさんどす、ふく珠さん、ふく英さんのお祝いに皆様本当にありがとうございましたm(_ _)m
お日柄もたくさん頂戴しまして、おおきにm(_ _)m
色紋付も後二日どす、頑張ったおくれやすね(*^o^*)  


Posted by しげ森  at 11:53芸舞妓歳事記
2014年08月06日

炎の体育会TV



TBS系で放送されている炎の体育会TVのロケにふく兆さん小よしさんが出演させてもらいました。





どこで出てきはるかは見てのおたのしみどす。

放送日は8月9日(土)午後7時〜

どうぞみなさま見とくれやす。
  


Posted by しげ森  at 12:00芸舞妓歳事記小よし
2014年08月02日

八朔



昨日は八朔どした、暑い中お疲れさまどした。
宮川町では、色無地に一つ紋を着ます(*^^*)挨拶も各兄弟筋と周ります。
多い時には10名以上の時もあり、上の姉さんから順に挨拶をして行きます一番出たてさんは、遅れない様に後を付いて行く姿がなんとも可愛いらしいおす♪(´ε` )
お写真は小筋で周りました、今年初じめての小はるさんと小よしさんどす。  


Posted by しげ森  at 09:26芸舞妓歳事記
2014年06月17日

青葉まつりに行って来ました。



ふく兆さんと小はるさんが6月15日に真言宗智山派の総本山である智積院にて行われた青葉まつりに行ってきました。







青葉まつりとは真言宗の宗祖・弘法大師空海と中興の祖・興教大師覚鑁の誕生を祝う行事どす。

弘法大師の生誕は宝亀5年(774年)6月15日、興教大師の生誕は嘉保2年(1095年)6月17日なためこの日に行われています。

正式には「両祖大師御生誕慶祝法要(りょうそだいしごせいたんけいしゅくほうよう)」というそうどす。







智積院には長谷川等伯一門によって描かれた国宝障壁画や、利休好みの庭として昔より東山随一の庭といわれる「名勝庭園」があり、二人はたくさん見学させてもらいました。


梅雨明けが待ち遠しい今日この頃どすが、どうぞお健やかにお過ごしくださいませ。



  


Posted by しげ森  at 14:30芸舞妓歳事記小はる
2014年06月15日

ブラジル ワールドカップ

本日朝からおこなわれた日本対コートジボワールの試合を、しげ森の舞妓さんたちがテレビで応援しているところを取材してもらいました。

バンキシャ!さん、スッキリさん、ミヤネ屋さんなどの読売TVの番組で放送されるそうどす。

ぜひ見とくれやす。  


Posted by しげ森  at 15:39芸舞妓歳事記
2014年03月14日

NHK 美の壺

本日午後7:30よりNHKで放送される「美の壺 春一番 椿」にしげ森の芸舞妓さんが出演します。
どうぞ見とくれやす。

再放送は火曜日の午前11:00からどす。  


Posted by しげ森  at 18:51芸舞妓歳事記
2014年03月06日

三月花形歌舞伎



三月二日から南座で上演中の三月花形歌舞伎にしげ森の芸舞妓六人が見に行かせてもらいました。



花形歌舞伎は若手の歌舞伎役者さんたちが中心となったとても華やかな舞台どす。

二十日までやってはりますので、みなさまもぜひ見にいっとくれやす。
  


Posted by しげ森  at 20:39芸舞妓歳事記
2014年02月07日

節分の舞妓の髪型

お化けの三日間、舞妓さんたちは変わり髷を結わせてもらいました。



ふく苗さんは「おしどり雌」。




ふく兆さんは「おしどり雄」。




おしどりは幕末から明治頃まで年頃の若い女性にはやった髪型どす。

「島田」という髷(まげ)の上に、「橋」と呼ばれる、尻尾のような毛をかけた髪形で、雌より雄の方が派手になります。

小よしさんは「お俊」。




お俊は「お俊伝兵衛心中説」に登場する先斗町近衛屋のお俊の髪型に由来しています。

京風鴛鴦の髷の前部が割れ、中の鹿の子が見えている形どす。

小はるさんは「おそめ」。




おそめ髷は芝居「お染久松」でお染が結っていた髷どす。

それぞれの違いがおわかりいただけますやろか?

三日間だけどしたがみんないつもと違う髷を結えるのがとても嬉しかったそうどす。

色違いのぼんてんがかわいらしおすね。

まだまだ寒さの厳しい日が続きますが、くれぐれもご自愛くださいませ。  


Posted by しげ森  at 21:42芸舞妓歳事記
2014年01月18日

さんまのスーパーからくりTV

明日十九日の七時より放送されますTBS「さんまのスーパーからくりTV」にしげ森が出演します。

「元宝塚・京都で本気の舞妓修業」というタイトルどす。

しげ森の仕込みさんから芸舞妓さんまで全員参加しての撮影どしたのでぜひ見てあげておくれやす。  


Posted by しげ森  at 19:55芸舞妓歳事記
2013年09月27日

中秋の名月



ふく兆さんと小よしさんが高台寺の土井さんに宴会によせてもらった時に撮った一枚どす。

九月十九日は中秋の名月どしたがみなさまお月見はされましたか?

見事な満月どしたね。

舞妓さんたちは夜空に大きく輝くお月様を見上げながら本当にウサギの餅つきに見えるとはしゃいだはりました。

暦の関係で中秋の名月がかならずしも満月になるわけではなく、次に中秋の名月に満月が見られるのは2021年だそうどす。

次回は8年後、東京オリンピックより後になります。

8年後には今いる舞妓さんたちもこれからデビューする小はるさんもみな舞妓さんを卒業したはるでしょう。

芸妓さんとして気張ったはるかもしれませんし、もしかしたら新しい世界へ飛びこんだはるかもしれません。

そのときにみなはどこで誰とその満月を見上げているんでしょうか。

そう思うとなんだか不思議な心持ちがいたしますね。

朝晩はずいぶんと冷え込むようになりました、ご自愛くださいませ。  


Posted by しげ森  at 12:00芸舞妓歳事記
2013年07月26日

天神祭に行ってきました。




平成二十五年七月二十五日、日本三大祭りの一つである大阪の天神祭奉納花火にふく紘さんとふく苗さんが寄せてもらいました。

奉納花火は大川に浮かぶ船のかがり火と約5000発の花火が幻想的な、天神祭の最後を飾るイベントどす。



ふく紘さんとふく苗さんは船の上から花火を見せてもらいました。





初めて天神祭の花火を見せてもうたふく苗さんはその美しさに夢中になって歓声をあげたはりました。

ふく紘さんは何度か寄せてもうてるのどすけど、いつ見ても感激しはるそうどす。

夏の夜を彩る花火はいつでも人の心を浮き立たせるものどすね。



本格的な夏を迎えました、みなさまのご健康をお祈りいたしております。

  


Posted by しげ森  at 22:32芸舞妓歳事記
2013年07月21日

「鮎の宿つたや」さんに行って来ました。



「鮎の宿つたや」さんにふく紘さんと小よしさんが連れて行ってもらいました。

つたやさんは京都市右京区の嵯峨鳥居本にある、創業400年に渡る老舗料亭どす。

火の神を祀る愛宕神社の一の鳥居の前に茅葺き屋根の風情あるお屋敷がたたずんでいます。

こちらでは春は筍、夏は鮎、秋は松茸、冬は湯豆腐やぼたん鍋などその季節でとれる旬のものをいただくことができます。

今回は鮎をいただきに寄せもらいました。


鮎の塩焼き


鮎ごはん


水密桃の丸ごと剥き

他にもたくさんよばれたのですが夢中でいただいて撮り忘れてしまいました、すんまへん。




暑さ厳しき折、体調をくずされませんようお元気でお過ごしくださいませ。


  


Posted by しげ森  at 10:00芸舞妓歳事記
2013年07月18日

山鉾巡行を見に行ってきました。



平成二十五年七月十七日(水)祇園祭の山鉾巡行をふく兆さんと小よしさんが見に行かせてもらいました。

祇園祭は千百余年続く京都三大祭りの一つで、七月一日から一ヶ月間様々な神事や行事が行われます。

山鉾巡行はその中のハイライトの一つで今年は十四万人の人出やったそうどす。





初めて巡行を見せてもらったふく兆さんと小よしさんはその華麗さと壮大さに歓声をあげたはりました。



今回は新町にあるお客様の家で見せていただきました。

新町通りは道幅が狭くすぐそばで巡行を見る事ができるのでとても迫力がありふく兆さん達は大興奮どした。






本格的な夏を迎えました、みなさまのご健康をお祈りいたしております。





  


Posted by しげ森  at 20:15芸舞妓歳事記
2013年04月04日

北野をどりに行ってきました



三月二十五日から四月七日まで開催されています「北野をどり」にふく苗さんと小よしさんが連れていってもらいました。

北野をどりは花街の一つである上七軒さんの春のおどりの会どす。

上七軒さんは五つある花街の中で一番歴史が古く、北野天満宮のそばにあります。

寄せてもうた日はお天気もよく、桜が満開でとてもきれいどした。


上七軒歌舞練場の庭にて

また演目も天狗の恋のお話など趣向が凝らされていておもしろく、ふく苗さんたちは夢中になって見入ったはりました。


花冷えに風邪など召されませぬようご自愛下さいませ。  


Posted by しげ森  at 16:00芸舞妓歳事記
2013年01月25日

城崎に行ってきました。



ふく紘さん、ふく苗さん、ふく兆さん、小よしさん、しげ森母が城崎温泉に連れて行ってもらいました。

城崎温泉は開湯1400年の歴史を誇る温泉地で、年間100万人以上の観光客が訪れる有名な温泉地どす。

志賀直哉の「城の崎にて」でおなじみどすね。

城崎温泉には『外湯(そとゆ)』と呼ばれる公衆浴場が7つあり、着いてすぐにそのうちの一つ「御所の湯」に入りにいきました。




ふく苗さん(左) ふく兆さん(中央) 小よしさん(右)

外湯めぐりは城崎温泉の名物で浴衣に下駄が正装だそうどす。

外は雨が降り出して冷え込んできていましたが、舞妓さん達は初めての体験におおはしゃぎどした。

待ちに待った夕食は城崎で二軒しかないお寿司屋さんの一つ「をり鶴」さんに連れていってもらいました。




ふく紘さん 



をり鶴さんのお父さん

降り出した雨はいつの間にか雪に変わりとても風情のある中、豪華なカニ尽くしとお寿司のお料理をいただきました。


立派なカニ!!






しげ森母 カニ堪能中


カニミソがたっぷり入った雑炊






小よしさん

お腹がいっぱいなのにまだ食べたいと思うくらいすべてのお料理がとっても美味しく、豪華で幸せな時間を過ごさせていただきました。

ほんまにおおきに。

一晩で積もった雪もとてもきれいで感動的どした。








おまけ ゆるキャラ(?)松葉ガニのサキちゃんとふく兆さん  


Posted by しげ森  at 19:00芸舞妓歳事記
2012年12月28日

事始め



平成二十四年十二月十三日事始めが行われ、芸舞妓さんたちが日頃お世話になっているお師匠さんやお母さん方にご挨拶にまわりました。



しげ森母にあいさつをするふく苗さん。
「おめでとうさんどす、おかあさん。相変わりませずおたのもうします。」


ふく兆さん。


ふく紘さんがしげ森母に送った鏡餅。



事始めとはお正月を迎える準備を始めることで、かつては旧暦十二月十三日、現在は新暦十二月十三日に行われます。

昔はこの日に門松やお雑煮を炊くための薪など、お正月に必要な木を山へ取りに行く習慣がありました。

花街では芸妓・舞妓さんが一重ねの鏡餅をお師匠さんやお母さんへ送り、一年のしめくくりと新年にむけての挨拶をする行事として残っています。

今年もいよいよ残りわずかとなりました。

慌ただしく感じる師走ですが、どうぞ御身体おいといくださいませ。  


Posted by しげ森  at 20:00芸舞妓歳事記
2012年11月10日

祇園をどりに行って来ました



十一月一日から十日まで祇園会館で開催されている祇園をどりにふく兆さんが寄せてもらいました。





祇園をどりは花街の一つである祇園東さんの踊りの会どす。

花街は全部で五花街あり、他の四花街(上七軒、祇園甲部、先斗町、宮川町)の踊りの会は春に行われるのに対して祇園東さんの踊りの会は唯一秋に開催されます。

初めて祇園をどりに寄せてもうたふく兆さんは目を輝かせながら舞台に見入ったはりました。

いよいよ冬が近づいて参りました、ご自愛くださいませ。  


Posted by しげ森  at 12:30芸舞妓歳事記
2012年11月08日

MUSIC EDGE+Osaka Style

毎日放送で現在放映中のMUSIC EDGE+Osaka Styleという音楽番組の撮影があり、小ふくさんとふく苗さんが出演させていただきました。


番組MCのU.K.さん(真ん中)と小ふく(左)、ふく苗(右)


舞妓さんはどんな音楽を聴いているのかというインタビューでメインで小ふくさんが取材を受け、お稽古帰りのふく苗さんも途中から入らせてもらいました。







カラオケで歌を歌うシーンも撮影されたので小ふくさんの美声!?が聞けるかもしれません。



番組名 「MUSIC EDGE+Osaka Style」(ミュージックエッジ+オオサカスタイル)
      毎日放送/関西ローカル


放送日 2012年11月19日(月)  (予定)

放送時間 深夜24時55分〜25時25分まで  (予定)



ぜひ見てあげておくれやす。



          


Posted by しげ森  at 12:00芸舞妓歳事記
2012年10月20日

御園座に行って来ました

十日にふく苗が、十六日にふく紘、小ふく、ふく兆が名古屋の御園座で行われています第四十八回吉例顔見世興行に寄せてもらいました。



今年の顔見世は中村勘九郎さんの襲名披露となっており、四人も楽しみに寄せてもらいました。



昼の部
一、八重桐郭囃 
二、蝶の道行
三、伊勢音頭恋寝刃

夜の部 
一、鬼一法眼三略巻
二、六代目中村勘九郎襲名披露口上
三、義経千本桜

公演は二十六日までどす。


ふく苗



写真は御園座のそばにあるからくり時計で、歌舞伎の代表作白浪五人男の稲瀬川勢揃いの場面が再現されています。

タイミングよく見る事ができたので嬉しくて小ふくさんが撮ってくれたのですが、まさかの本人たち撮り忘れでふく苗さん以外の写真がありません、すんまへん。

秋も深まり、そろそろ冷え込んで参りました。お風邪など召されませぬようお願い申し上げます。








  


Posted by しげ森  at 22:39芸舞妓歳事記
< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 119人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
プロフィール
しげ森
しげ森
京都市東山区宮川筋6丁目

平成18年12月開店の宮川町のお茶屋どす。 芸妓さん3人、舞妓さん6人が所属する置屋さんも兼ねてます。 「もり多」はカウンターバーがございます。

しげ森・もり多からのお知らせ

京都宮川町 お茶屋 しげ森 ・ バー もり多 / 〒605-0801 京都府京都市東山区宮川町6丁目375 TEL : 075-531-0304

Copyright: (C) 2017 Shigemori / Morita All Rights Reserved.