京都宮川町のお茶屋 しげ森・バー もり多と、しげ森の舞妓・芸妓のご紹介

お茶屋ブログ

2013年10月30日

十月の見習い衣装(小はる)








日ごとに秋も深まってまいりました、いかがお過ごしでしょうか。

小はるさんの十月の見習い衣装は華やかでかわいらしい装いどす。

菊のかんざしに花筏の袷の着物、片輪車文の染帯がおぼこい見習いさんの愛らしさをひきたてています。

小はるさんは九月十四日より見習いさんとしてお座敷に上がらせてもうてますが、以前にご紹介させていただいた「半だら」の格好から舞妓さんと同じすそ引きにダラリの帯に衣装が変わりました。

菊は平安時代より薬草や観賞用植物として愛好されてきました。

宮中では菊の節句とも呼ばれる重陽の節句が明治時代まで行われ、現在でも皇室園遊会として受け継がれているそうどす。

古今和歌集のころからよく歌に詠まれるようになり、鎌倉時代には蒔絵や衣装の文様としても取り入れられるようになりました。

花筏(はないかだ)は本来は桜花が水面に散った時にひとかたまりになって流れる様を呼ぶものどしたが、文様としては筏に他の花や折り枝を配したものを呼ぶことが多おす。

筏に菊や松、梅、桜、椿など様々な花を色とりどりにのせることで華やかでかわいらしい着物になっていますね。

片輪車文は御所車の車輪が乾燥しないように流水の中に浸した情景を描いた文様どす。

リズミカルな水の動きと面白い車輪の動きから様々に組み合わされて意匠化されます。

小はるさんは十一月にお見世出しさせてもらうことになりました。

どうぞ暖かく見守って頂けます様よろしくおたのもうします。

朝夕はすっかり冷え込んでまいりました、お元気でお過ごしくださいませ。  


Posted by しげ森  at 18:24小はる
2013年10月30日

十月の舞妓衣装(小よし)








秋の夜長、みなさまいかがお過ごしどすか。

小よしさんの十月の舞妓衣装は秋を感じさせるさわやかな装いどす。

菊のかんざしに揚羽蝶が舞い飛ぶ袷の着物、鈴が散らされた染帯がおぼこい舞妓さんの愛らしさをひきたてています。

菊は秋を代表する植物で奈良時代に中国から薬草として伝来しました。

中国では不老長寿の効があるとされ、重陽の節句には菊花の宴を開いて菊酒を飲み長寿を願ったそうどす。

揚羽蝶は鳳蝶とも呼ばれる大型の華麗な蝶どす。

平安中期以降から蝶文が流行し、不老不死のシンボルとして武士に好まれて平家ゆかりの家々の家紋にも多く使われました。

鈴は古くから神事や祭祀に用いられ、後に楽器として使われるようになりました。

形の美しさから文様に取り入れられるようになり、子どもや年若い女性の衣装によくみられます。

黒地に鮮やかな鈴が映える舞妓さんらしいかわいらしい帯どすね。

だんだんと涼しくなってまいりました、くれぐれもご自愛くださいませ。  


Posted by しげ森  at 12:00小よし
2013年10月29日

十月の芸妓衣装(ふく紘)







秋の夜長、虫の音が心地よい季節となりましたが、みなさまお元気どすか。

ふく紘さんの十月の芸妓衣装は濃い紫が印象的なしっとりとした装いどす。

柴垣に様々な草花が散らされた袷の着物に、雲に覆われた五条橋が描かれた染帯が芸妓さんの雅さをかもしだしています。

柴垣は山野に自生する芝を刈って編んだもので目隠しや結界として用いられてきました。

形や大きさも様々に作られる柴垣は日本庭園に風情を添えるものとしてよく使われます。

文様としては植物や建物と組み合わされて一つの物語のような風景を描き出す役割を果たすことが多おす。

雲取り文は雲の輪郭の中に様々な文様を詰めて表したもののことで、雲文自体をこう呼ぶこともあります。

場を区切る方法としてよく使われ、様々な着物や帯に見られます。

大きく直線的な橋に柔らかな曲線の雲がかかる事で女性らしい優しい印象の帯となっていますね。

これからの季節、冷え込みが厳しくなりますのでお身体に気をつけておくれやす。  


Posted by しげ森  at 12:00ふく紘
2013年10月28日

十月の舞妓衣装(ふく苗)







秋風が冷たく感じるようになってきた今日この頃、いかがお過ごしどすか。

ふく苗さんの十月の舞妓衣装はさわやかな印象のお姉さんらしい装いどす。

菊のかんざしに揚羽蝶が舞い飛ぶ袷の着物、笹紋と花菱亀甲文があしらわれた染帯が華やかな中に落ち着きを感じさせます。

菊は秋を表す植物で、文様としては様々に意匠化され、日本国旅券や皇室の紋に使われるなど国民的な文様どす。

奈良時代に中国から薬草として伝わり、その美しさからのちに観賞の対象となりました。

揚羽蝶はその可憐な姿が多くの人に愛され、文様としても様々に使われてきました。

華やかさだけでなく、卵から青虫、毛虫となり、蛹から美しい蝶へと大きく変化するその様が呪術的神秘性を感じさせてより人々を惹き付け、不老不死のシンボルとして武士にも好まれました。

笹文と亀甲文はともに吉祥文であり、おめでたいときによく使われます。

笹は冬でも鮮やかな緑の葉を繁らせ、雪解けを待ってしなやかに成長することから強靭な精神にたとえられ、尊ばれてきました。 

亀甲文は亀の甲羅に似ていることから長寿の象徴として好まれ、亀甲文を入れ子にした子持ち亀甲や花菱と組み合わせた花菱亀甲など様々なバリエーションが生まれました。

ちなみに亀甲文は西洋では蜂の巣文と呼ばれるそうどす。

過ごしやすい季節になりましたが、無理をなさらぬようお気を付け下さいませ。  


Posted by しげ森  at 22:21ふく苗
2013年10月26日

時代祭(小ふく)

平成二十五年十月二十二日(火)京都三大祭りの一つである時代祭に小ふくさんが横笛として参加させてもらいました。



心配されていたお天気もくずれることなく、無事に終えることができました。

以下お写真でご紹介させていただきます。













小ふくさんより
「舞妓さんの頃から憧れていた時代祭に参加させて頂いてとても嬉しおした。
 お天気にも恵まれ、御所から平安神宮までの道中はまるで昔にタイムスリップしたようでした。
 見にきて下さったお客様おおきに、ありがとうございました!」

当日はたくさんの方に見に来ていただいておおきに。

過ごしやすい季節になりましたが、無理をなさらぬようお気を付け下さいませ。


  


Posted by しげ森  at 18:43小ふく
2013年10月26日

十月の舞妓衣装(ふく兆)








日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、みなさまいかがお過ごしどすか。

ふく兆さんの十月の舞妓衣装は深い青色が印象的な目に鮮やかな装いどす。

菊の小花が散らされたかわいらしいかんざしに流水文に秋草文様が描かれた袷の着物、カラフルな葉が三つ組み合わされて丸文になった染帯が若い舞妓さんのはつらつさをひきたてています。

菊は秋を代表する花の一つで、品種改良が盛んで種類も多おす。

その姿の美しさから多くの絵画や工芸品の題材にされてきました。

陰暦九月九日の重陽の節句には菊の露と香を移した綿で体をぬぐって延命長寿を願うそうどす。

秋草文様は秋を彩る野に咲く草花を文様化したもので、一つ一つの草花よりも数種類集めて表現されるのが特徴どす。

萩や撫子、桔梗などいずれも小ぶりで繊細な花姿ばかりで舞妓さんの衣装にぴったりどすね。

丸文はモチーフを円形に変形したり、円の中におさまるように意匠化したものどす。

草花を円形におさめた文様を花丸文といい、あらゆる草花を文様化することができます。

能装束や小袖をはじめ、現在のきものや帯の柄など多くのものに使われています。

これから朝夕冷えてまいりますので、お体にはくれぐれもお気をつけくださいませ。  


Posted by しげ森  at 12:00ふく兆
2013年10月25日

時代祭(小はる)

平成二十五年十月二十二日(火)京都三大祭りの一つである時代祭に小はるさんが参加させてもらいました。



小はるさんは宮川町の他の仕込みさんたちとともに和気広虫の童女(子)役で参加しました。

以下お写真で紹介させていただきます。











小はるさんより
「長い時間歩きましたが、たくさんの方に見に来て頂いて嬉しおした。
 木の靴で歩くのが大変どした。」

当日はたくさんの方に見に来ていただいておおきに。

台風が近づいています、みなさまお気をつけくださいませ。


  


Posted by しげ森  at 21:07小はる
2013年10月25日

十月の芸妓衣装(小ふく)








秋風が気持ちのいい季節になりました。

小ふくさんの十月の芸妓衣装はすっきりとした秋の風情漂う装いどす。

流水に菊尽し文様が描かれた袷の着物に扇文の染帯が芸妓さんらしい艶やかさと色気をかもしだしています。

菊は秋を代表する植物で、奈良時代に中国から薬草として日本に伝わりました。

菊文としては鎌倉時代から見られるようになり、桃山時代に秋草文様の一つとして扱われるようになりました。

江戸時代には品種改良が進み、菊合わせなど鉢作りが競われるようになると菊の種類も多くなり、それに伴って菊の意匠も様々に表現されるようになりました。

扇文は末広がりの意味から縁起のよいものとして愛好されてきました。

扇面に草花や小紋柄を描いたものが多く見られ、半開きや閉じた姿も面白く、様々に構成されます。

過ごしやすい季節になりましたが、無理をなさらぬようお気を付け下さいませ。  


Posted by しげ森  at 12:00小ふく
2013年10月24日

時代祭(ふく紘)

平成二十五年十月二十二日(火)京都三大祭りの一つである時代祭が行われ、ふく紘さんが巴御前として参加させてもらいました。



巴御前は平安婦人列のトップを飾る役で、時代風俗行列の女性の中で唯一馬に乗って登場します。

ふく紘さんは役が決まってから普段のお稽古の合間に馬に乗る練習もしながらこの日に臨みました。

以下お写真でご紹介させていただきます。
















ふく紘さんより
「ずっと憧れていた巴御前。巡行の約2時間半は長く感じるのかと思いましたがあっという間どした。
 沿道からもたくさんお声をかけていただいて嬉しおした。
 本当に貴重で素敵な経験をさせてもらいました!おおきに。」

当日はたくさんの方に見に来ていただいておおきに。

お写真もたくさん撮っていただき、一部載せさせていただいております。

だんだんと涼しくなってまいりました、くれぐれもご自愛くださいませ。

  


Posted by しげ森  at 17:22ふく紘
2013年10月21日

柳し乃会に出演しました。



平成二十五年十月二十日(日)宮川町歌舞練場にて小唄の会が開かれ、ふく紘、小ふく、ふく苗、ふく兆、小よしが出演させてもらいました。

以下お写真にてご紹介させていただきます。

小よし



ふく兆


ふく苗



小ふく


ふく紘



最後にお師匠さん方の演奏で芸妓、舞妓が舞を披露し、小よしさんが踊らせてもらいました。




みんな緊張してはりましたが、無事に終えることができました。

これからの季節、冷え込みが厳しくなりますのでお身体にお気をつけくださいませ。  


Posted by しげ森  at 18:25お稽古・行事
2013年10月16日

みずゑ會御礼



十月十三日(日)四日間に渡り開催されたみずゑ會が無事に千秋楽を迎える事が出来ました。

たくさんの方に見に来ていただきましてほんまにおおきに。


北山にありますマールブランシュさんのケーキどす。

会中はええもんいただきましておおきに。

ふく紘、小ふく、ふく苗はいっそう芸を磨き、ふく兆、小よし、小はるはいつかみずゑ會に出られるように、みな精進してまいりますのでこれからもしげ森の六人をよろしくおたのもうします。


  


Posted by しげ森  at 12:00あいさつ
2013年10月13日

みずゑ會3

十日に始まったみずゑ會もいよいよ千秋楽となりました。

写真は第二幕「秋宵つれづれに」に出演する小ふくさんどす。







小ふくさんはこの場面では男舞をさせてもらうので、キリリとした印象どすね。

二幕に出た後フィナーレの宮川小唄にも出るのですぐに衣装替えをしはります。

最後までみな精一杯頑張りますので、よろしくおたのもうします。  


Posted by しげ森  at 15:15お稽古・行事
2013年10月12日

みずゑ會2



十日から始まりましたみずゑ會も後二日となりました。





写真は第二幕の「秋宵旅つれづれに」に笛で出演するふく紘さんどす。

ふく紘さんは今回、十日と十二日はお三味線、十一日と十三日は笛に踊りといろいろな役をさせてもらってます。

お稽古は大変どしたが、ふく紘さんは与えられた役に精一杯取り組み、無事にみずゑ會を迎えることができました。

みなさまの応援よろしくおたのもうします。



  


Posted by しげ森  at 15:16お稽古・行事
2013年10月11日

みずゑ會1



十月十日より宮川町の秋の踊りの会であるみずゑ會が始まりました。





写真は初日の出番を終えた直後のふく苗さんどす。

ふく苗さんは一番最初の演目「素囃子 操り三番叟」で小鼓をたたいてはりました。

みずゑ會に出るのは初めてのふく苗さんは緊張したはりましたが無事に終えることができました。

ふく紘さんと小ふくさんはまた次回に。

たくさんの方に見に来ていただきましておおきに。

残り三日みんな一生懸命に努めてまいりますのでよろしくおたの申します。
  


Posted by しげ森  at 12:00お稽古・行事
2013年10月08日

時代祭

平成二十五年十月二十二日(火)に行われます時代祭りの時代風俗行列にふく紘、小ふく、あかり(小はる)が参加させてもらいます。

時代祭は京都三大祭りの一つで、1895年(明治28年)に平安京遷都1100年を記念して平安神宮が創建された際に記念事業として始められたものどす。

このお祭りの特徴は神幸祭、行在所祭、還幸祭の神儀のほか、時代風俗行列が行われることで、明治維新から延暦時代へさかのぼってその時代の風俗、文物の変遷が再現されます。

ふく紘さんたちが参加するのはその内の一つ平安時代婦人列で三年に一度宮川町の芸妓さんにその役がまわってきます。

今回ふく紘さんはそのトップの巴御前、小ふくさんは横笛、あかり(小はる)さんは和気広虫の童女の役どす。

巴御前(ともえごぜん)は木曽義仲の愛妾で平家物語の『木曽最期』の章に登場し、容姿端麗でありながら一騎当千の女武者で、木曽義仲が源義経に敗れ都を追われた際には最後の七騎になるまで義仲のそばにつき従ったといわれています。

義仲に「武士の最後が女とともにあってはよろしくない。お前はどこへとなり落ち延びろ」といわれますが、それでも離れようとはしませんでした。

しかし義仲の再三の説得に「自分の最後を伝えてくれ」という要請もあったとも言われ、ついに巴御前は義仲のそばを離れます。

その際、最後の奉公として追撃に現れた敵武将の首を取ったとも伝わっています。

時代祭の行列では甲冑に身を包み、馬に乗って勇ましく登場します。

横笛(よこぶえ)は建礼門院の雑仕女で平家物語に斉藤時頼(滝口入道)との悲恋が語られている女性どす。

平清盛全盛の時代に花見の宴が催され、ここに参加していた平重盛(清盛の息子)の部下で滝口武者の斉藤時頼が余興として舞を披露していた横笛に一目惚れをします。

その夜から横笛のことが忘れられない時頼は文を送り、横笛もその愛を受け入れましたが時頼の父はこの身分違いの恋愛を許しませんでした。

傷ついた時頼は出家し、嵯峨の往生院に入り滝口入道と名乗って横笛への未練を断ち切るために仏道修行に入りました。

これを知った横笛は、時頼を探しにあちこちの寺を尋ね歩きます。

ある日の夕暮れ、横笛は嵯峨の地で時頼の念誦の声を耳にしますが、時頼は修行の妨げになると横笛を帰してしまいました。

そして時頼は横笛が尋ねてこられないように女人禁制の高野山静浄院へ入り、それを知った横笛は悲しみのあまり病に伏せ亡くなりました。

横笛の死を聞いた時頼はますます仏道修行に励み、その後高野聖となったというお話どす。

時代祭での装束は時頼を嵯峨に尋ねていく姿を現しています。

和気広虫(わけのひろむし)は孝謙上皇に仕えた奈良時代の女官で、政変や争いごとによって親を失った子供達を自宅へに預かり育て、これが日本最初の孤児院であったといわれています。

天平宝字8(764)年、藤原仲麻呂が、孝謙上皇の寵愛を得て台頭して来た道鏡に危惧の念を抱き、『恵美押勝の乱(藤原仲麻呂の乱)』を引き起こしますが叛乱はすぐに鎮圧され、怒った孝謙上皇は事件関係者375人を死罪とすることを決定します。

この決定に対して必死に死罪の軽減を願い出たのが和気広虫でした。

その結果、仲麻呂を始め仲麻呂の一族郎党34人が処刑され、他の者は減刑されました。

乱後に疫病や飢饉により捨て児(ご)が増えましたが彼女は孤児達を引き取って子とし、慈しんで育てました。

たいへん慈悲深い女性であったと伝えられています。

京都御所の西にある護王神社は和気広虫と弟の和気清麿が祭神として祀られており、広虫の功績から「子育て明神」と呼ばれて多くの人に信仰されています。

和気広虫の童女とは広虫が引き取って育てた子供のことで、あかりさんがその一人に扮します。

行列には舞妓さんは参加できませんがあかりさんは配役が決まった時にまだ仕込みさんであったので、今回童女として参加しています。

その他紫式部や清少納言などを宮川町の芸妓さんたちがさせてもらいます。

行列は正午に京都御所建礼門前を出発し (12:00) → 堺町御門 (12:15) → 烏丸丸太町 (12:30) → 烏丸御池 (12:50) → 河原町御池 (13:20) → 河原町三条 (13:30) → 三条大橋 (13:40) → 三条神宮道 (14:10) → 平安神宮 (14:30)到着の予定どす。

雨天順延どす。

どうぞたくさんの方に見に来ていただけますよう、よろしくおたのもうします。

  


Posted by しげ森  at 12:00お稽古・行事
< 2013年10>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 119人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
プロフィール
しげ森
しげ森
京都市東山区宮川筋6丁目

平成18年12月開店の宮川町のお茶屋どす。 芸妓さん3人、舞妓さん6人が所属する置屋さんも兼ねてます。 「もり多」はカウンターバーがございます。

しげ森・もり多からのお知らせ

京都宮川町 お茶屋 しげ森 ・ バー もり多 / 〒605-0801 京都府京都市東山区宮川町6丁目375 TEL : 075-531-0304

Copyright: (C) 2017 Shigemori / Morita All Rights Reserved.