京都宮川町のお茶屋 しげ森・バー もり多と、しげ森の舞妓・芸妓のご紹介

お茶屋ブログ

2013年12月19日

十二月の舞妓衣装(小はる)









今年も早いもので、一年の締めくくりの時期になりました。

小はるさんの十二月の舞妓衣装は白とオレンジの対比が印象的な明るい装いどす。

かわいらしいまねきのかんざしに椿が散らされた二つ綿の着物、唐花綾花文と波丸文が組み合わされた織帯がおぼこい舞妓さんの愛らしさをひきたてています。

まねきとは毎年十二月に京都南座で行われます吉例顔見世興行で劇場正面に掲げられる出演俳優の名前が書かれた看板のことで、京都の師走の風物詩どす。

舞妓さんのかんざしにも小さなまねきがついており、出演している役者さんに実際に名前を書いてもらいます。

今回は四代目市川猿之助さん、九代目市川中車さんの襲名披露どすのでお二人に書いていただきました。



椿は春を待つ花として冬の季節感を表し、また古代より悪霊を祓う聖なる力があるとして好まれてきました。

染織品の文様としても古くから使われ、現代も着物や帯によく用いられます。

波丸文は様々な波の形を丸の中に配した意匠のことで、いろいろな形で表されます。

絶え間なく寄せては返す波に人は永遠や不滅、長寿、誕生などを感じ吉祥の文様として使われています。

慌ただしく感じる師走どすがお身体をおいとい下さいませ。
  


Posted by しげ森  at 21:49小はる
2013年12月12日

十二月の舞妓衣装(ふく苗)









街中がクリスマスのイルミネーションに彩られて心がうきうきしますね。

ふく苗さんの十二月の舞妓衣装はこの時期にぴったりの明るくて華やかな装いどす。

かわいらしいまねきのかんざしに総絞りの二つ綿の着物、若松に観世流水文の織帯が舞妓さんの少女らしさをかもしだしています。

まねきとは毎年十二月に京都南座で行われます吉例顔見世興行で劇場正面に掲げられる出演俳優の名前が書かれた看板のことで、京都の師走の風物詩どす。

舞妓さんのかんざしにも小さなまねきがついており、出演している役者さんに実際に名前を書いてもらいます。

今回は四代目市川猿之助さん、九代目市川中車さんの襲名披露どすのでお二人に書いていただきました。



絞りとは染色技法の1つで生地全面を均一に染めるのではなく、部分的に染め残しを作る技法どす。

染め残す部分をつまみ、糸でくくったり、針で縫ったり、強く圧迫したりして染料液の中に浸して染めます。

染め上がってから糸をほどくと、その部分が模様として表れます。

とても手間のかかる技法どすが絞りで作られた着物は豪華で華やかなため、成人式の振袖などにもよく使われています。

観世流水文は水文様の代表的なもので、能楽の家元観世太夫が定式文様として使用したところから名づけられた文様どす。

色留袖や袋帯などの礼装に用いられたり、白生地の地紋に使われる等格調高い文様どす。

心せわしい年の暮れを迎え何かとご多用とは存じますが、お体にお気を付けてお過ごしくださいませ。  


Posted by しげ森  at 20:45ふく苗
2013年12月10日

十二月の舞妓衣装(小よし)









木枯らしが吹きすさぶころとなりましたが、みなさまいかがお過ごしどすか。

小よしさんの十二月の舞妓衣装は明るい青とオレンジの対比が印象的な晴れやかな装いどす。

かわいらしいまねきのかんざしに橘が散らされた二つ綿の着物、紗綾形文の織帯が若い舞妓さんの華やかさを演出しています。

まねきとは毎年十二月に京都南座で行われます吉例顔見世興行で劇場正面に掲げられる出演俳優の名前が書かれた看板のことで、京都の師走の風物詩どす。

舞妓さんのかんざしにも小さなまねきがついており、出演している役者さんに実際に名前を書いてもらいます。

今回は四代目市川猿之助さん、九代目市川中車さんの襲名披露どすのでお二人に書いていただきました。



橘は柑橘類の一種で、古くから吉祥の徴として崇められてきた果物どす。

京都御所の紫宸殿に植えられている右近の橘は有名どすね。

格調の高い文様として平安時代の頃から長く親しまれている文様で、現代でも婚礼衣装や留袖などにも多く使われています。

紗綾形文は卍を菱形に変形して複雑につなぎ合わせたもので、卍繋ぎとも呼ばれます。

室町から桃山時代に中国から渡ってきた紗綾と称された生地の地紋に用いられていたため、その名がつきました。

昔は女性の慶事礼装用の白襟には紗綾形が使われるものと決まっていたそうどす。

年末ご多忙の折ではございますが、お体にお気をつけて良き年をお迎えくださいませ。
  


Posted by しげ森  at 12:00小よし
2013年12月08日

十二月の舞妓衣装(ふく兆)









寒さがひとしお身にしみるころとなりました、みなさまお元気でお過ごしどすか。

ふく兆さんの十二月の舞妓衣装は華やかな舞妓さんらしい装いどす。

かわいらしいまねきのかんざしに総絞りの二つ綿の着物、扇がカラフルに散らされた織帯が愛らしさと可憐さをひきたてています。

まねきとは毎年十二月に京都南座で行われます吉例顔見世興行で劇場正面に掲げられる出演俳優の名前が書かれた看板のことで、京都の師走の風物詩どす。

舞妓さんのかんざしにも小さなまねきがついており、出演している役者さんに実際に名前を書いてもらいます。

今回は四代目市川猿之助さん、九代目市川中車さんの襲名披露どすのでお二人に書いていただきました。

絞りとは染色技法の1つで生地全面を均一に染めるのではなく、部分的に染め残しを作る技法どす。

染め残す部分をつまみ、糸でくくったり、針で縫ったり、強く圧迫したりして染料液の中に浸して染めます。

染め上がってから糸をほどくと、その部分が模様として表れます。

とても手間のかかる技法どすが絞りで作られた着物は豪華で華やかなため、成人式の振袖などにもよく使われています。

扇は末広がりの意味から縁起のよいものとされ、昔から好まれてきました。

扇面に草花や小紋柄を描いたものが多く見られ、その形の面白さから様々に意匠化されています。

空気の乾燥した季節になりました、お風邪などお召しになりませんようお気をつけくださいませ。  


Posted by しげ森  at 12:00ふく兆
< 2013年12>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 119人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
プロフィール
しげ森
しげ森
京都市東山区宮川筋6丁目

平成18年12月開店の宮川町のお茶屋どす。 芸妓さん3人、舞妓さん6人が所属する置屋さんも兼ねてます。 「もり多」はカウンターバーがございます。

しげ森・もり多からのお知らせ

京都宮川町 お茶屋 しげ森 ・ バー もり多 / 〒605-0801 京都府京都市東山区宮川町6丁目375 TEL : 075-531-0304

Copyright: (C) 2017 Shigemori / Morita All Rights Reserved.