京都宮川町のお茶屋 しげ森・バー もり多と、しげ森の舞妓・芸妓のご紹介

お茶屋ブログ

2014年05月27日

五月の舞妓衣装(ふく苗)









いつのまにか日中は汗ばむような季節となりましたが、みなさまお変わりございませんか。

ふく苗さんの五月の舞妓衣装は風薫る季節にぴったりのさわやかな装いどす。

藤のかんざしに蝶々が舞いとぶ着物、薬玉文の染帯が若い舞妓さんのはつらつさを惹きたてています。

藤は薄紫や白色の美しい花房を垂下させた初夏を知らせる花どす。

万葉集にも詠まれるなど古くから長寿や繁栄を表す花として愛好されてきました。

平安後期に全盛を誇った藤原氏の影響で高貴な花として尊ばれ、格の高いものとされています。

蝶文が和風化されて用いられるようになったのは平安中期以降といわれ、貴族たちに好まれて有職文様となりました。

能装束や小袖にもよく使われ、現代でも振袖から小紋、ゆかたや帯柄などに用いられることが多おす。

薬玉は種々の薬や香料を錦の袋に入れ、菖蒲や蓬などの造花を結んで五色の糸を長く垂らしたものどす。

色鮮やかで華やかな薬玉は主に若い女性や女児の祝い着の柄として用いられます。

過ごしやすい季節となりましたが、ご自愛くださいませ。
  


Posted by しげ森  at 19:16ふく苗
2014年05月21日

五月の舞妓衣装(小はる)








清々しい五月晴れが快い季節となりましたが、みなさまお変わりございませんか。

小はるさんの五月の舞妓衣装は優しい色合いが心なごませるあたたかな印象の装いどす。

藤のかんざしに花筏の着物、露芝文の染帯がいつも明るい小はるさんの魅力をいっそう惹きたてています。

藤は薄紫や白色の美しい花房を垂下させた初夏を知らせる花どす。

万葉集にも詠まれるなど古くから長寿や繁栄を表す花として愛好されてきました。

平安後期に全盛を誇った藤原氏の影響で高貴な花として尊ばれ、格の高いものとされています。

花筏は本来は桜花が水面に散った時にひとかたまりになって流れる様を呼ぶものどしたが、文様としては筏に他の花や折り枝を配したものを呼ぶことが多おす。

色とりどりの花が筏に乗せられて華やかでかわいらしい着物になっていますね。

露芝文は芝草に露が降りた状態を文様化したものどす。

三日月形に描いた芝草に小さな水玉を添えた文様は涼しげなため、これからの時期の着物や帯に多く用いられています。

風薫る爽やかな季節どす、心穏やかにお過ごし下さいませ。




  


Posted by しげ森  at 12:00小はる
2014年05月07日

五月の舞妓衣装(小よし)





梅雨前のさわやかな季節、みなさまいかがお過ごしどすか。

小よしさんの五月の舞妓衣装はブルーとオレンジの対比が印象的な鮮やかな装いどす。

藤のかんざしに流水に草花文様の着物、カラフルな葉が三つ組み合わされて丸文になった染帯が若い舞妓さんの愛らしさをひきたてています。

藤は薄紫や白色の美しい花房を垂下させた初夏を知らせる花どす。

万葉集にも詠まれるなど古くから長寿や繁栄を表す花として愛好されてきました。

平安後期に全盛を誇った藤原氏の影響で高貴な花として尊ばれ、格の高いものとされています。

流水は文様の中でも最も古くからあるものの一つで、様々なバリエーションで表現されています。

海に囲まれた日本には水を主題にする文様は多く、弥生時代の銅鐸にすでにその姿がみられるそうどす。

丸文はモチーフを円形に変形したり、円の中におさまるように意匠化したものどす。

草花を円形におさめた文様を花丸文といい、あらゆる草花を文様化することができます。

能装束や小袖をはじめ、現在のきものや帯の柄など多くのものに使われています。

過ごしやすい季節になりましたが、どうぞご自愛くださいませ。



  


Posted by しげ森  at 12:00小よし
< 2014年05>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 119人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
プロフィール
しげ森
しげ森
京都市東山区宮川筋6丁目

平成18年12月開店の宮川町のお茶屋どす。 芸妓さん3人、舞妓さん6人が所属する置屋さんも兼ねてます。 「もり多」はカウンターバーがございます。

しげ森・もり多からのお知らせ

京都宮川町 お茶屋 しげ森 ・ バー もり多 / 〒605-0801 京都府京都市東山区宮川町6丁目375 TEL : 075-531-0304

Copyright: (C) 2017 Shigemori / Morita All Rights Reserved.