京都宮川町のお茶屋 しげ森・バー もり多と、しげ森の舞妓・芸妓のご紹介

お茶屋ブログ

2012年01月26日

一月の舞妓衣装(ふく苗)







大寒の候、皆様お元気でしょうか。
ふく苗さんの一月の舞妓衣装は、おぼこく初々しい印象の装いどす。
薬玉文の着物、扇尽し文の帯、松竹梅の花かんざしが、見世出し間もない舞妓さんの清楚さを引き出しています。

ふく苗さんは今月17日~19日に見世出しを行い、こうして舞妓さんになることができました。
ふく苗さんは見世出し間もない舞妓さんなので、髷は割れしのぶ、紅は下唇だけに差しています。

薬玉は平安時代に中国から日本に伝わった邪気よけの風習どす。
香料を入れて菖蒲や蓬の葉を飾りつけ、五色の糸を長くたらし部屋に吊るしたのが始まりで、後に様々な花が飾りつけられるようになり、その華麗さから着物の意匠にも取り入られるようになりました。

扇は涼をとる扇子や舞扇など、現代でも身近な道具どす。
扇の歴史は古く、平安時代の初めに檜扇が、そして後期にはすでに紙を張った蝙蝠(かわほり)という扇が存在していました。
扇のことを「末広」ともいいますが、発展のおめでたい文様として知られています。

ふく苗さんは舞妓さんになるにあたり「踊りや三味線など一生懸命頑張ってゆきとおす」と言っていますので、皆様ふく苗さんをどうかよろしくおたの申します。

厳しい寒さが続いていますが、皆様お風邪など召されぬよう御自愛下さい。


同じカテゴリー(ふく苗)の記事画像
9月のお衣装
七月のお衣装
6月のお衣装
五月のお衣装
お化け
今年の抱負
同じカテゴリー(ふく苗)の記事
 9月のお衣装 (2016-09-06 21:11)
 七月のお衣装 (2016-07-10 16:14)
 6月のお衣装 (2016-06-04 23:02)
 五月のお衣装 (2016-05-11 15:07)
 お化け (2016-02-17 13:13)
 今年の抱負 (2016-01-21 19:57)

Posted by しげ森  at 01:05 │ふく苗


< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 121人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
プロフィール
しげ森
しげ森
京都市東山区宮川筋6丁目

平成18年12月開店の宮川町のお茶屋どす。 芸妓さん3人、舞妓さん4人が所属する置屋さんも兼ねてます。 「もり多」はカウンターバーがございます。

しげ森・もり多からのお知らせ

京都宮川町 お茶屋 しげ森 ・ バー もり多 / 〒605-0801 京都府京都市東山区宮川町6丁目375 TEL : 075-531-0304

Copyright: (C) 2017 Shigemori / Morita All Rights Reserved.