京都宮川町のお茶屋 しげ森・バー もり多と、しげ森の舞妓・芸妓のご紹介

お茶屋ブログ

2013年10月29日

十月の芸妓衣装(ふく紘)







秋の夜長、虫の音が心地よい季節となりましたが、みなさまお元気どすか。

ふく紘さんの十月の芸妓衣装は濃い紫が印象的なしっとりとした装いどす。

柴垣に様々な草花が散らされた袷の着物に、雲に覆われた五条橋が描かれた染帯が芸妓さんの雅さをかもしだしています。

柴垣は山野に自生する芝を刈って編んだもので目隠しや結界として用いられてきました。

形や大きさも様々に作られる柴垣は日本庭園に風情を添えるものとしてよく使われます。

文様としては植物や建物と組み合わされて一つの物語のような風景を描き出す役割を果たすことが多おす。

雲取り文は雲の輪郭の中に様々な文様を詰めて表したもののことで、雲文自体をこう呼ぶこともあります。

場を区切る方法としてよく使われ、様々な着物や帯に見られます。

大きく直線的な橋に柔らかな曲線の雲がかかる事で女性らしい優しい印象の帯となっていますね。

これからの季節、冷え込みが厳しくなりますのでお身体に気をつけておくれやす。


同じカテゴリー(ふく紘)の記事画像
おめでとうさんどす
今月のお衣装
三月のお衣装
二月のお衣装
明けましておめでとうさんどす
七月のお衣装
同じカテゴリー(ふく紘)の記事
 おめでとうさんどす (2018-01-09 21:44)
 今月のお衣装 (2017-12-07 22:25)
 三月のお衣装 (2017-03-08 13:57)
 二月のお衣装 (2017-02-09 21:23)
 明けましておめでとうさんどす (2017-01-16 15:14)
 七月のお衣装 (2016-07-05 08:15)

Posted by しげ森  at 12:00 │ふく紘


< 2018年02月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 120人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
プロフィール
しげ森
しげ森
京都市東山区宮川筋6丁目

平成18年12月開店の宮川町のお茶屋どす。 芸妓さん3人、舞妓さん4人が所属する置屋さんも兼ねてます。 「もり多」はカウンターバーがございます。

しげ森・もり多からのお知らせ

京都宮川町 お茶屋 しげ森 ・ バー もり多 / 〒605-0801 京都府京都市東山区宮川町6丁目375 TEL : 075-531-0304

Copyright: (C) 2018 Shigemori / Morita All Rights Reserved.