京都宮川町のお茶屋 しげ森・バー もり多と、しげ森の舞妓・芸妓のご紹介

お茶屋ブログ

2013年11月27日

十一月の舞妓衣装(小よし)








朝夕の冷え込みが一層厳しくなってまいりました。

小よしさんの十一月の舞妓衣装は冬を迎えるこの時期にぴったりのはんなりとした装いどす。

もみじのかんざしに雪輪文があしらわれた一つ綿の着物、菊唐草文の織帯がおぼこい舞妓さんの可憐さをひきたてています。

もみじは楓の葉が紅葉したもので、春の桜と並んで秋を代表する樹木として古くから愛好されてきました。

京都でも今紅葉が見頃を迎え、たくさんの人が京都を訪れたはります。

雪輪文は雪の文様の1つで、雪の結晶に見られる美しい六角形の輪郭を円形に描いた文様どす。

雪輪の中に他の文様を描いたりもし、振袖・留袖・小紋・帯など幅広く用いられます。

薄曇りの中を舞う雪に様々な草花を描いたような意匠の舞妓さんらしいかわいらしい着物どすね。

菊唐草文は飛鳥時代に中国から伝来した唐草文が和様化されて植物の唐草文が出来たことから発生した文様で、菊花が皇室の紋章とされたことから格式ある唐草文様の代表となりました。

菊は和の文化と情緒を伝える格調高い花とされ、また季節感を表すものとして昔から好まれている文様どす。

季節の変わり目どすので、くれぐれもお体にはお気を付け下さいますようおたのもうします。



同じカテゴリー(小よし)の記事画像
今年の抱負どす
12月のお衣装
11月のお衣装
10月のお衣装
7月のお衣装
6月のお衣装
同じカテゴリー(小よし)の記事
 今年の抱負どす (2018-01-26 21:43)
 12月のお衣装 (2017-12-26 21:16)
 11月のお衣装 (2017-11-28 19:50)
 10月のお衣装 (2017-11-08 12:13)
 7月のお衣装 (2017-08-02 20:46)
 6月のお衣装 (2017-06-25 22:18)

Posted by しげ森  at 12:00 │小よし


< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 121人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
プロフィール
しげ森
しげ森
京都市東山区宮川筋6丁目

平成18年12月開店の宮川町のお茶屋どす。 芸妓さん3人、舞妓さん4人が所属する置屋さんも兼ねてます。 「もり多」はカウンターバーがございます。

しげ森・もり多からのお知らせ

京都宮川町 お茶屋 しげ森 ・ バー もり多 / 〒605-0801 京都府京都市東山区宮川町6丁目375 TEL : 075-531-0304

Copyright: (C) 2018 Shigemori / Morita All Rights Reserved.