京都宮川町のお茶屋 しげ森・バー もり多と、しげ森の舞妓・芸妓のご紹介

お茶屋ブログ

2011年05月14日

五月の舞妓衣装(ふく紘)

ふく紘

ふく紘

ふく紘

若葉かおるころとなりました。
ふく紘さんの五月の舞妓衣装は、鮮やかな青が印象的な凛とした装いどす。
アヤメの簪、流水にさらりとあしらった牡丹・楓の文様の着物と、大降りの花菖蒲の文様の帯が、さわやかで広々とした五月の明るい庭園を連想させます。

牡丹は中国などでは「百花の王」として富貴の象徴とされています。
日本には奈良時代には入っていたようどすが、江戸時代に各地で栽培が行われるようになって人気が出て、文様にもたくさん用いられるようになったそうどす。

一方アヤメや花菖蒲どすが「いすれがアヤメか杜若」という言葉があるように、見分け方がむずかしおす。
「あやめ」は乾いたところ、「杜若」「花菖蒲」は湿ったところに育つのどすが、ふく紘さんの帯にはうっすら水の文様がかかれてありますので、「杜若」か「花菖蒲」ということになります。
そして花びらの特徴として「花菖蒲」には黄色の細長い筋が、「杜若」には白色の細長い筋が入りますので、ふく紘さんの帯は「花菖蒲」の文様ということになるんどす。

舞妓さんのお着物には季節を象徴する文様がちりばめられていますんで、お着物の文様に着目してみるもの楽しおすね。

一枚目の写真は、祇園の素敵なバーに呼んでもらったときに撮らせてもうた写真どす。
藤の花がとてもきれいどしたんで一緒に映してもらいました。

皆様季節の変わり目ですのでご自愛のほどお祈り申し上げます。  


Posted by しげ森  at 18:42ふく紘
2011年05月14日

五月の舞妓衣装(小ふく)

小ふく

小ふく

小ふく

川端沿いの並木も緑がとてもきれいで、風の気持ちよい季節になりました。
小ふくさんの五月の舞妓衣装は新緑の季節らしい明るい色あいの装いどす。
蝶々をたくさん飛ばした着物の文様と、葵の葉をあしらった帯の文様が、命息吹くこの季節によくあってますね。

蝶は平安中期ころからよく使われるようになった文様どす。
昔から人々は、蝶が卵から青虫・サナギ、そして美しい成虫へとつぎつぎと変化する様子に神秘性を感じ、蝶の文様を好んで使ってきたようどす。
一方、葵の文様が使われるようになったのは明治時代以降のことどす。
江戸時代は徳川家の家紋に葵が使われていた関係で、人々は葵の文様の使用を遠慮していたようどす。
五月は賀茂神社の葵祭がありますが、賀茂神社の神紋も葵ですね。

皆様季節の変わり目ですのでご自愛のほどお祈り申し上げます。  


Posted by しげ森  at 18:40小ふく
2011年05月01日

「都の賑い」のお知らせ



「都の賑い」の今年の日程は6月18日(土)・19(日)どす。
上演は14:00~16:30、開場は13:15どす。
会場は京都会館第一ホール(京都市左京区岡崎平安神宮前)どす。

「都の賑い」は京都五花街(祇園甲部・祇園東・先斗町・上七軒・宮川町)の芸妓さん舞妓さんが、年に一度会して開催する伝統芸能特別公演で、今年で18回目どす。
それぞれに特徴のある五花街の舞が次々と華やかに繰り広げられます。
毎年注目を集めている五花街合同の演目では今年も五花街の舞妓さん約20名が競演します。
合同の舞を初めて経験する舞妓さんも多く、初々しさも呼び物のひとつどす。

しげ森からはふく紘(舞妓)「五花街合同の演目(京を慕いて・祇園小唄)」に出演させてもうてます。
沢山の方に観ていただけます様、皆様よろしくおたの申します。

プログラムなど詳しくはこちらをご覧下さい。  


Posted by しげ森  at 02:16あいさつ
< 2011年05>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 119人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
プロフィール
しげ森
しげ森
京都市東山区宮川筋6丁目

平成18年12月開店の宮川町のお茶屋どす。 芸妓さん3人、舞妓さん6人が所属する置屋さんも兼ねてます。 「もり多」はカウンターバーがございます。

しげ森・もり多からのお知らせ

京都宮川町 お茶屋 しげ森 ・ バー もり多 / 〒605-0801 京都府京都市東山区宮川町6丁目375 TEL : 075-531-0304

Copyright: (C) 2017 Shigemori / Morita All Rights Reserved.