京都宮川町のお茶屋 しげ森・バー もり多と、しげ森の舞妓・芸妓のご紹介

お茶屋ブログ

2014年04月25日

京おどり御礼



四月二十日(日)、十六日間に渡って開催された京おどりが無事に千秋楽を迎えました。

会中はたくさんの方に観に来ていただきましておおきに。


今年は桜も長く咲いて華やかな京おどりとなりました。









マールブランシュさんのケーキどす。

会中はええもんいただきましておおきに。

しげ森の芸舞妓一同、芸事に精進してまいりますのでこれからもよろしくおたのもうします。


  


Posted by しげ森  at 12:00あいさつ
2014年04月15日

四月の芸妓衣装(ふく紘)







桜の花も散りはじめるこのごろ、みなさまお元気どすか。

ふく紘さんの四月の芸妓衣装はまるで夜桜見物をしているようなあでやかな装いどす。

桜の着物にかがり火が描かれた染帯が、粋な芸妓さんの華やかさを演出しています。

桜は日本人にもっとも愛されている花どす。

文様としても古くから漆器や能装束、小袖などに使われ、満開に咲く花姿や花が散る様が写されてきました。

花と言えば桜と言われるほど日本を代表する花となったため、季節を問わず花の文様として用いられることもあります。

かがり火は鉄製の籠の中で薪をたいて照明する火のことで、その鉄製の籠をかがりといいます。

万葉集にかがり火を使った歌が詠まれているほどその歴史は古く、平安時代以降さかんに用いられました。

黒地の帯に散る桜のなかで燃えるかがり火が幽玄な雰囲気をかもしだしていますね。

春雨にお体を冷やしませんよう、お気をつけくださいませ。

  


Posted by しげ森  at 12:00ふく紘
< 2014年04>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 119人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
プロフィール
しげ森
しげ森
京都市東山区宮川筋6丁目

平成18年12月開店の宮川町のお茶屋どす。 芸妓さん3人、舞妓さん6人が所属する置屋さんも兼ねてます。 「もり多」はカウンターバーがございます。

しげ森・もり多からのお知らせ

京都宮川町 お茶屋 しげ森 ・ バー もり多 / 〒605-0801 京都府京都市東山区宮川町6丁目375 TEL : 075-531-0304

Copyright: (C) 2017 Shigemori / Morita All Rights Reserved.