京都宮川町のお茶屋 しげ森・バー もり多と、しげ森の舞妓・芸妓のご紹介

お茶屋ブログ

2012年09月15日

九月の舞妓衣装(小ふく)







九月に入っても厳しい暑さが続いておりますね。

小ふくさんの九月の舞妓衣装は艶やかな紫が印象的な上品な装いどす。

大振りの桔梗のかんざしに無双の着物、献上柄の呂の染帯がしっとりとした秋の風情を感じさせます。

桔梗は秋の七草の一つで均整のとれた五角形の花が美しく、昔から文様や家紋によく用いられてきました。

万葉集に出てくる「朝顔の花」は現在の朝顔を指すのではなく、桔梗のことを表したものであると言われています。

無双の着物は色、柄の違う二枚の薄手の紗を重ねて仕立てられた贅沢な着物どす。

下の生地には桔梗文が描かれており、紫の無地の紗にすけて涼しげに揺れているようどすね。

献上柄は煩悩を打ち砕くとされる「独古(どっこ)」という仏具と、仏を供養する際に用いられる「華皿」という器を図案化したものどす。

江戸時代、福岡藩黒田氏から徳川将軍家に献上されたことからその名がつきました。

昼の日射しは強くても朝夕はめっきり涼しくなって参りました、風邪など召されませんようご自愛くださいませ。  


Posted by しげ森  at 22:00小ふく
2012年09月15日

九月の芸妓衣装(ふく紘)










空もようやく秋色をおびてまいりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

九月のふく紘さんの芸妓衣装は藤色の中に流れる楓が描かれたやわらかな印象の装いどす。

流水文に楓が流れる単衣の着物に、扇面文が大きく描かれた呂の染帯が落ち着いた中に優しげな趣を感じさせます。

楓は蛙の手のように切れ込みが入った独特の形をしていることから「かえる手」が変じて「かえで」と呼ばれるようになったと言われています。

流水と組み合わされることも多く、秋を代表する植物どすね。

扇面文はよく使われる文様どすが、同じ形の扇を一面に散らした「扇散らし」、開いたもの閉じたもの様々を散らした「扇尽くし」、流水と組み合わせた「扇流し」など様々な形があります。

この帯は開いた扇を散らしてそれぞれの地紙の意匠を見所としており、朱色の扇には表情豊かな波文が、白い扇には花菱七宝文様が華麗に描かれています。

季節の変わり目です、お風邪など召されませんようお気をつけくださいませ。
  


Posted by しげ森  at 18:59ふく紘
< 2012年09>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 121人
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
プロフィール
しげ森
しげ森
京都市東山区宮川筋6丁目

平成18年12月開店の宮川町のお茶屋どす。 芸妓さん3人、舞妓さん4人が所属する置屋さんも兼ねてます。 「もり多」はカウンターバーがございます。

しげ森・もり多からのお知らせ

京都宮川町 お茶屋 しげ森 ・ バー もり多 / 〒605-0801 京都府京都市東山区宮川町6丁目375 TEL : 075-531-0304

Copyright: (C) 2018 Shigemori / Morita All Rights Reserved.